令和4年度省エネ・創エネ補助金の概算要求! 来年度のために早めに準備を!

環境省は、2021年度の補正予算案に中小企業の二酸化炭素削減設備の導入に最大5000万円の購入を補助する制度を盛り込みました。
予算規模は、30億円で2021年度中に実施予定としています。
グリーンリカバリーの実現に向けた中小企業等のCO2削減比例型設備導入支援事業とは
カーボンニュートラルの実現に向けて、コロナ禍で厳しい景観興に置かれている中小企業に省CO2型の設備投資を後押しする支援策です。
▼△補助額▼△
補助額上限:5000万円
ただし、下記2つの条件のうちいずれか低いほうの額になります。

・年間CO2削減量 × 法定耐用年数 × 5000円/tCO2(円)
※中小企業、省CO2型換気を導入する企業、グリーン冷媒使用設備を導入する企業は7700円/tCO2

・総事業費の1/2(円)
▼△補助対象設備▼△
補助対象設備は、環境省が指定する設備で単年度の導入完了ができるものに限ります。
LEDは、支援対象になりませんがほかの補助対象設備とセットで導入した場合は、CO2削減量として計上されます。

・空調機
・給湯器
・冷凍冷蔵機器
・ボイラ
・省CO2型換気
・EMS(エネルギーマネジメントシステム)
▼△購入補助の日程▼△
2021年12月に開かれる臨時国会で補正予算案を審議し補正予算が成立した後に委託事業者を決めてからの実施になります。
実施期間は、2021年度中とされています。
▼△購入補助を受けるには▼△
(1)感染症拡大防止対策等に要する経費
 「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)」に適合する新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を行う事業

(2)新たな需要に対応するための取組に要する経費
▼△補助対象経費▼△
購入補助を受けるには、設備を導入する前に応募し、環境省指定の診断機関によるCO2削減余地の診断を受ける必要があります。
中小企業の場合、診断費用の補助があります。 補助金の詳しい内容は下記URLからご覧ください。
https://www.env.go.jp/guide/budget/r04/r04juten-sesakushu/1-1_19.pdf