エアコンが冷えないのはガス漏れが原因かも!

エアコンをつけたけど全然冷えないときは、ありませんか。その原因、ガスが漏れているからかもしれません。
なぜ、エアコンの効きが悪くなるのか
エアコンが冷えない(温かくならない)原因はいろいろと考えられますが、下記の症状があれば、エアコンのガス漏れが原因かもしません。
・エアコンをつけると送風口から風は出るが、まったく冷えない
・エアコン本体の熱交換器に霜がついている
・室外機から出ている細いほうのパイプに霜がついている
ガス漏れの原因
ガス漏れは次のような原因で発生します。
取り付け工事のミス
取り付け時の作業に不良があるため発生します。
設置している室外機を無理に動かした
冷媒ガスの配管に使われている銅管は、経年変化で硬くなります。無理に動かすと、接続部からガスが漏れることがあります。
内部配管等の腐食
エアコン本体の熱交換器や、室外機のコンプレッサー周辺のパイプなどが腐食することがあります。腐食が原因でパイプに穴が開き、ガスが漏れることもあります。
ガス漏れの確認方法
ガス漏れが発生すると、エアコン本体の熱交換器や室外機から出ている細いパイプに霜が付きます。冷房を15分ほど稼働させパイプに霜がついていたらガス漏れを起こしている可能性があります。
パイプに汗をかくように露がついていればガス漏れの心配はありません。
ガス漏れしたエアコンは、漏れ箇所を修理し、ガスを再充填することで使用することができます。
自分で修理するのは危険
ガス漏れしている箇所が分かったら、自分でガスを充填しようとする人もいると思いますが、お勧めはしません。 自分でガスを充填することは不可能ではありませんが、素人が下手に扱うと爆発する危険性があります。配管内部を真空にしたり難しい作業が必要になるため、専用の器具をそろえる必要があります。 自分で行うのはチェックするまでにし、修理は専門の業者に任せましょう。
修理するなら
ガス漏れが発生した場合、修理をするか買い替えるかは状況により判断する必要があります。 修理をしたほうが金銭面的にも助かりますよね。弊社では、エアコンの修理・点検を行っています。エアコンの調子がおかしいな、など気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。