局所排気装置はなぜ設置しないといけないの?

局所排気装置とは
局所排気装置は、工場や作業場、実験室などで発生する「有害ガス、蒸気、粉じん」といった人体に有害な物質を吸い込まないために、フードから吸い込みダクトにより搬送させ送風機で屋外へ排出する一連の装置で、制御風速を保持するものを指します。
局所排気装置はなぜ必要?
作業環境を正確に把握しておくことは、職場における作業環境管理に欠かせません。
事業者には、労働安全衛生法において、有害な業務を行う屋内作業場において、作業環境測定を行う義務が課せられています。 快適な職場環境を確保していくことは、働く労働者の健康と安全を守ることにつながります。
法律でも設置することが義務付けられています。労働安全衛生法第45条で有害な「原材料・ガス・蒸気・紛じん等」の発生する作業場には法律で適切な局所排気装置等を設置しなければならない、となっています。
設置だけではなく点検も必要
局所排気装置は設置するだけではなく1年に1回、有資格者による定期自主検査を実施し結果も記録・保存しなければいけません。
弊社では、局所排気装置の点検を承っています。資格を持った専任スタッフが点検を実施し、書類も作成致します。ご相談・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。 局排設備自主検査専用ページ開設!!