R22冷媒ガスが全廃になりました

皆さんの周りにあるエアコンは何年に製造されたものですか?
10年以上前に製造されたエアコンの場合、注意が必要です。R22冷媒ガスが使用されている可能性が高いです。
冷媒ガスとは
冷媒ガスは、エアコンが室内の温度を上げたり下げたりする際に使用する物質のことです。エアコンの中で、室内機と室外機の間をぐるぐる回り、冷房時には部屋の熱を外に暖房時には外の熱を中に移動させています。
R22が入手困難に
R22冷媒ガスは、2020年に完全撤廃になりました。10年以上前に製造されたエアコンは、R22冷媒ガスを使用しています。今動いている空調機でもR22冷媒ガスが入手困難の為、修理ができない事態が起こることが予想されますので、空調機の入替を検討することが重要になってきます。最新のエアコンへの入替は、修理ができる以外にも節電効果や経費削減、CO2の削減にもつながります。
ぜひ、周りのエアコンを見直してみてはいかがでしょうか。
弊社では、業務用エアコンの工事を承っています。お悩みや質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。