フロン排出抑制法で変わることとは? Vol.1

フロン排出抑制法の改正が2020年4月1日に施行されます。それにより、フロン類の回収が確認できない機器の引取りが禁止になります。違反した場合、50万円以下の罰金が科せられます。
引取証明書(写し)でフロン類の回収が確認された場合と充填回収業者として自らフロン類を回収するときに機器を回収することができます。
対象となる機器は?
対象となる機器は、業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器でフロン類が使用されている機器です。
例えば、店舗用エアコン・ビル用マルチエアコン・業務用冷凍冷蔵庫・冷凍冷蔵用ショーケースなどの機器です。
対象とならない機器は?
対象とならない機器は、カーエアコン・家庭用製品・室内機のみです。
※カーエアコンは自動車リサイクル法、家庭用製品は家電リサイクル法の対象です。
フロン類は強力な温室効果ガス
フロン類は冷媒に使用されていますが、二酸化炭素の100~10000倍という強力な温室効果があり地球温暖化に甚大な影響を及ぼします。
弊社では、フロン類の回収を行っています。回収したい、質問したい等ありましたらお気軽にお問い合わせください。