局所排気装置の目的

人にとって有害な物質を屋外に排出する、局所排気装置。
適切に使用しないと作業者の命を危険にさらすため、法律で設置方法が定められています。装置の構造と目的について、簡単にまとめてみました。

局所排気装置とは

局所排気装置は、環境改善装置のひとつです。工場および実験室などで発生する有害な物質を作業者が吸い込まないようにするため、設置します。
局所排気装置は粉じん、有機溶剤、ガスといった人体に害のある物質を屋外へ排出する役割を担っています。

局所排気装置の仕組み

通常、局所排気装置は有害物質の発生源のすぐそばにフード(吸い込み口)を設けます。
これにより汚れた空気を吸引し、排風機で圧力を加えることで空気を屋外に出すことができます。
しかし、排出するだけでは屋外に有害物質を流してしまうことになるので、ダクトには空気清浄装置(集じん機、排ガス処理装置など)が取りつけられます。

局所排気装置のフードタイプは3つ

局所排気装置のフード(吸い込み口)には、有害物質の発散源を囲う囲い式フード、吸い込み気流によって周囲の空気とともに発散源を吸引する外付け式フード、上昇気流や回転にともなう気流に有害物質を載せて捕集するレシーバー式という3つのタイプがあります。
これらにはそれぞれいくつもの型があり、環境に合わせて最適なタイプを選びます。

局所排気装置の目的は有害物質の安全かつ適切な処理

局所排気装置を設置する目的は、作業や実験の過程で発生する有害物質を適切に処理することです。
適切に処理するためには、害のある物質が屋外に漏れ出ていかないような構造を室内に合わせて都度設計しなくてはなりません。
厚生労働省は、適切な局所排気装置の正しい構造について法律を定めているのでその要件を必ず守るようにしましょう。
条件を満たさないと法的には局所排気装置と認められないこともあります。

弊社では局所排気装置の点検を得意とした専門スタッフが在籍しております。
局所排気装置の設置や点検でお困りごとがございましたら、お問合せをお待ちしております。