暖房を使う前にエアコンにしておきたい準備とは?

夏も終わり、そろそろ冬が近づいてきました。
冷房としてお世話になったエアコンも使っていない期間が続いていましたが、今度は暖房として使う機会がやってきます。
そのエアコンですが、そのままだと暖房を使うときに臭いがしたり、エアコンの効きが悪くなっているかもしれません。
暖房を本格的に使う前に、エアコンを掃除しておきましょう。
自分でエアコン掃除をしてみよう
冒頭でお伝えした通り、暖房をつける前にエアコンを掃除しておくべきです。
エアコンを自分で掃除するときのポイントについて紹介しておきます。
掃除前の確認ポイント
エアコン掃除には、フィルターなどを取り外す必要があります。取り外し方を説明書に書いていますので、事前によく確認しておきましょう。
用意すべきグッズは?
エアコンのフィルターをきれいにする際、水洗いだけではどうにもならないことが結構あります。
そのため以下のようなグッズを事前に用意しておくと良いでしょう。
・歯ブラシ
・スポンジ
・大きめのゴミ袋
・エアコンクリーナー
エアコンで掃除すべき箇所と掃除方法
準備ができた次は実際に掃除の開始です。
どのように掃除すべきか、エアコンの箇所ごとに紹介いたします。
エアコンフィルター
エアコンフィルターは本体から取り外したあと、裏側から、中性洗剤を薄めた水にタオルやスポンジにつけて拭き取りましょう。
そして細かい部分の汚れは、歯ブラシを使います。
冷却フィン
冷却フィンは掃除機を使ってホコリを吸い取り、エアコンクリーナーを吹き付けてください。
その際、エアコンの電装部分に水がかからないように注意しましょう。
ファン
冷却フィンの奥にファンがありますのでエアコン付クリーナーを吹きかけてください。
そして手動でファンを回転させてあげますこれによって汚れが浮き上がって来ますのでタオルやスポンジ歯ブラシなので汚れを落とします。
最後に乾燥させる
ファンを掃除したら、最後に「送風」を行って2時間程度運転させてください。
これで内部がしっかり乾燥されて変な臭いが起こることもありません。
ここまですればエアコンの掃除は完了といえます。
寒くなる前に早めに掃除しておこう
そろそろ寒くなってきています。
エアコンを本格的に使う時期になってきますので、早い段階にエアコンを掃除しておきましょう。
今回解説した記事を参考にすれば、効率的にきれいにできるはずです。

弊社は、業務用エアコンの修理・点検を行っています。急なお困りごとやご相談、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。