暖房の設定温度は何度がいいの?

皆さんは暖房の設定温度を何度に設定していますか?寒くなってくるにつれて設定温度を高くすることも多いかもしれませんが、実は冷房よりも暖房の方が電気代が高くなっているんです。電気代の節約として考えれば、むやみに設定温度を高くするのは得策ではありません。

それでは、暖房の設定温度は何度がいいのかご説明しましょう。
暖房で電気代が高くなりやすいのは外気温との差が大きいから
皆さんは、なぜ冷房よりも暖房の方が電気代が高くなりやすいか知っていますか?

暖房の方が電気代が高くなりやすいのは、外気温と室内の温度との差が大きいからです。暑い時期は基本的に40℃前後まで上昇しますが、基本的にそれ以上の温度になることはありません。しかし、寒い時期は氷点下以上に温度が下がるため、寒い時期の方が部屋が暖まるまでの時間がかかりやすいからです。

つまり、氷点下の気温から十分暖かいと感じるまでに設定温度を高くすると、電気代がかかりやすくなってしまうのです。
暖房の設定温度は何度がベスト?
暖房の設定温度は20℃がおすすめです。

というのも、これは環境省が冬のウォームビズを推奨していることからこの設定温度がおすすめとされているのです。冬のウォームビズとは冬の適正温度を呼びかけることにより、CO2の排出量を削減して環境に少しでも配慮しようという取り組みです。

とはいえ、とても寒い時期に20℃なんてとてもじゃないけど寒くて仕方がないと思う人もいるでしょう。しかし、20℃でもしっかりと対策すれば十分暖かくなりますよ。

それでは、暖房効率を上げるための方法についてご説明しましょう。
風を下向きにする
冷たい空気は下に溜まる傾向にありますが、温かい空気は天井に溜まる性質を持っています。

したがって、風を下向きにすることによって、暖かい空気が下に向かうので部屋全体が暖まりやすくなります。特に足元が寒く感じると身体も寒いと感じやすいので、風を下向きにして効率良く部屋を暖めましょう。
断熱材を使う
暖房をつけても部屋が寒いと感じるのは、せっかく温めようとした空気が外に逃げようとしているからです。したがって、窓や玄関など冷たい空気が出入りするような場所に断熱材を使いましょう。

手頃なものがない場合は段ボールを立てかけるだけでも効果があるので、断熱材の導入がおすすめです。
暖房の設定温度を20度にして節約しよう
暖房の設定温度を20℃に設定することによって、電気代の節約ができます。20℃のままでは確かに暖まるのに時間がかかるかもしれませんが、風を下向きにしたり断熱材を使ったりすることで十分な効果を発揮しますよ。

弊社は、業務用エアコンの修理・点検を行っています。急なお困りごとやご相談、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。