感染予防で気にする人多数!高まる空調、換気への意識

ホットペッパーの公開したアンケートにより、お店選びに「換気」を重視している人が多いことが分かりました。
空調設備を適切にメンテナンスし運用していくことは、感染拡大を防ぐため、そして安心して店舗を利用してもらうために重要です。
故障しないうちに、こまめに掃除、メンテナンスをしておきましょう。
-男性の37%、女性の62%が「お店の換気」を気にしている-

外食市場調査・研究機関の「ホットペッパーグルメ外食総研」は、2020年6月に緊急事態宣言後の外食実態アンケートを実施し、公開しました。
そのデータによると、外食のお店選びをするときに気にするポイントでもっとも高いのは「席の間隔が空いているか(男性43.6%、女性64.4%)」で、次にポイントとして挙げられたのが「きちんと換気がされているか(男性37.3%、女性62.3%)」という点です。
外食店舗は不特定多数の人が集まり、食べるためにマスクをはずし、おしゃべりを楽しむ場所。
アルコールが入ると声が大きくなったり騒がしくなったりするケースも散見されるので、お店の空調を気にする人が多くなるのでしょう。
-換気は感染予防に一定の効果を上げる-

政府の掲げる「三密」の定義は、次の通りです。

1. 換気の悪い「密」閉空間
2. 人が「密」接する空間
3. 不特定多数の人が「密」集する空間

このようなシチュエーションを回避することで感染しにくい環境を維持し、クラスターを防ぐ効果が得られると考えられています。
つまり、店舗の換気も「三密回避」の重要なポイントなのです。
-空調設備は整備を怠らず、不調なら買い替える勇気を-

今後は、「換気のよい店舗」、「消毒やマスクが徹底されている店舗」が選ばれ利用される社会が続きそうです。
空調設備のメンテナンスを怠っていて調子がよくない、という場合は本格的に故障して使えない!とならないうちに修理や買い替えを検討してはいかがでしょうか?

弊社は、業務用エアコンの修理・点検を行っています。急なお困りごとやご相談、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。 ・参照記事 https://www.inshokuten.com/foodist/article/5814/