局所排気装置の点検はなぜ必要なの?

局所排気装置は、工場や作業場、実験室などで人体に有害な物質が発生する場所に設置してあります。有害物質から守ってくれる局所排気装置ですが、点検をちゃんと行っていないと十分に機能を果たすことができません。
局所排気装置の点検がなぜ必要なのかご紹介していきます。
局所排気装置の点検は法律で決まっている
局所排気装置の点検は作業員を守るために行うのはもちろんですが、労働安全衛生法で点検を行うことが決まっています。
定期自主検査
定期自主検査は、1年以内ごとに実施する法定検査です。検査の詳細は、厚生労働省から指針が出ています。
(局所排気装置の定期自主検査指針 )

点検の内容については別の記事で紹介していますので、ここでは簡単に説明させていただきます。
有害物質によって点検記録は異なりますが、一律して同じ項目を紹介します。
・検査年月日
・検査方法
・検査箇所
・検査の結果
・検査を実施した者の氏名
上記の内容を3年間保存しなければいけません。ただし、1年を超える期間使用しない局所排気装置は使用していない期間の自主検査は不要です。(使用開始時に検査は必要です。)

指針の通りに検査を行えば資格は特に必要がありませんが、適切な検査を行う場合は有資格者に頼むのがいいでしょう。
点検
労働安全衛生法では、定期自主検査以外に点検を行う必要があります。
局所排気装置は、年1回の定期自主検査では性能の維持が難しいため、1月を超えない期間ごとや初使用時、修理や改造後に点検を行います。
点検は、定期自主検査で重要だと思う項目を適宜抜粋して行います。
まとめ
局所排気措置の点検を怠ると法律違反なのはもちろん、作業者の健康被害、近隣住民への被害など様々な問題が発生します。きちんと点検を実施し安全に仕事を行いたいですね。

弊社では局所排気装置の点検を得意とした専門スタッフが在籍しております。局所排気装置の設置や点検でお困りごとがございましたら、お問合せをお待ちしております。