エアコンの寿命ってどのくらい?

近年は一家に一台どころか一部屋に一台はエアコンがある時代ですね。
素朴な疑問として「エアコンは何年もつのか?」と思う方も多いのではないでしょうか。
エアコンは家電製品の中でも高額商品ですので、「修理する」のか「買い替える」のか悩んでしまいますよね。

今回は、エアコンの寿命ついて紹介していきます。
エアコンの寿命は何年くらい?
総務省の統計によると、2人以上の世帯でエアコンの平均寿命は13.5年です。このうち、70.2%が故障が原因で買い替えているということです。また単身の世帯では平均寿命が13.6年、66.3%が故障による買い替えとなっています。
メーカーの想定寿命が10年程度ですので、想定より実際は長持ちしているようです。
買い替えの目安
エアコンが故障した時、「修理する」「買い替える」の選択を迷われる方も多いかと思います。
エアコンにはメーカー毎に、補修用部品の最低保有期間というのが決められています。(どのメーカーもおよそ10年)
エアコン製造年(壁掛の場合:室内機下部もしくは側面に記載あり)より10年近く経過している場合、買い替えた方がよいでしょう。
部品保有期間内であれば、保証期間を確認しましょう。
保証期間内であれば修理しましょう。
保証が切れてしまっているなら、修理費用と買い替え費用を比較し考慮するのがよいでしょう。

エアコンは故障してから買い替える方が多いかと思います。
ですが、エアコンは夏や冬によく売れるため在庫が切れがちで、必要なときに手に入らないことも多いのです。
エアコンを使う季節の少し前に、電源を入れて正常に動くか確認をするとよいでしょう。


いかがでしたでしょうか?
皆様の快適な環境作りにお役立ていただければうれしいです。

弊社では、業務用エアコンの修理・点検も行っております。シーズン前の点検、漏洩点検等お気軽にお問い合わせください。