室外機が雪に埋まった際の対策

寒い日が続いており、大寒波も来ていましたね。
雪で車が立ち往生しているニュースをテレビで見ましたが、室外機雪に埋まっていませんか?

今回は、室外機が雪に埋まってときどうすればいいかをご紹介いたします。
雪に埋まったままエアコンを起動してもいいの?
寒いからエアコンのスイッチを押したくなるのはとても分かります。ですが、雪に埋もれたままエアコンを起動させると故障する恐れがあります。
故障する原因は、寒すぎてエアコン内部が凍結してしまいファンが動かなくなります。なので、溶ける前に無理に動かすと破損し故障してしまいます。

雪に埋もれたままだと電力も余分にかかってしまいます。
室外機から出た冷たい空気をまた、室外機が吸い込みことをショートサーキットといい、吸い込んだ空気を温めるために余分な電力を使ってしまいます。
雪に埋もれたときの対策
まずは、暖かい服を着てください。寒いですからね。
そしたら、エアコンのブレーカーを落としてください。
室外機が雪に埋まっていると空気の通り道がなくなってしまうので、室外機周りの雪を取り除きましょう。
吹き出し口と吸い込み口の前は、30cmぐらい空けるようにしてください。
一般的に室外機は前面が吹き出し口で側面、背面が吸い込み口になっています。なので、前面だけではなく側面、背面にも注意しましょう。
室外機の上に積もった雪も落下して吹き出し口や吸い込み口をふさいでしまう可能性があるので取り除いてください。

雪を取り除いてもエアコンが動かないときや異音がする場合は、エアコンのメーカーや業者にお問い合わせください。
大雪が降る前に
天気予報で大雪が予想されるときは、エアコン周りが物で塞がれていないかチャックをしておきましょう。
雪が積もって室外機が塞がれないように室外機周りは、綺麗にしましょう。

寒い日にエアコンを使っているとエアコンが止まるときありませんか?
それは、霜取り運転をしている可能性があります。霜取り運転については別の記事で紹介しているので、ご覧ください。

弊社は、業務用エアコンの修理・点検を行っています。急なお困りごとやご相談、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。