こどもみらい住宅支援事業

11月26日に閣議決定した令和3年度補正予算内にて国交省から「こどもみらい住宅支援事業」の概要が発表されました。

これは、令和3年度補正予算542億円で行われる事業です。
こどもみらい住宅支援事業とは
こどもみらい住宅支援事業は、子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から子育て世帯・若者夫婦世帯※による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修などに対して補助することにより、子育て世帯・若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る。
※子育て世帯は、18歳未満の子を有する世帯。若者夫婦世帯は、夫婦のいずれかが39歳以下の世帯のこと
対象のエコキュートとルームエアコンの補助金
リフォーム時に対象のエコキュートとルームエアコンを新設・更新すると補助金の給付を受けることができます。
補助金の申請方法は?
申請手続きは、補助金の受取と一般消費者への還元は「こどもみらい住宅事業者」が代わりに行います。
一般消費者の方が申請をすることができません。
こどもみらい住宅事業者とは
皆さまが新築住宅の建築・購入、リフォーム工事の契約を締結する事業者で、あらかじめ本事業に参加するための登録をした事業者(工事施工者や販売事業者)のことです。
リフォーム工事
対象期間
令和3年11月6日~令和4年10月31日までの期間内に売買契約を締結したもの
対象住宅
すべての住宅
補助額上限
・子育て世帯または若者世帯のリフォーム
既存住宅を購入する場合:上限600,000円/戸
それ以外の場合    :上限450,000円/戸

・そのほかの世帯のリフォーム
安心R住宅を購入する場合:上限450,000円/戸
それ以外の場合     :上限300,000円/戸

※1申請あたり下記①~⑧の合計補助額が5万円未満の場合は申請できません。
※既存住宅を購入してリフォームを行う場合は、売買契約金額が100万円(税込み)以上でない場合は申請できません。


①開口部の断熱改修
②外壁、屋根・天井または床の断熱改修
③エコ住宅設備の設置
④子育て対応改修
⑤耐震改修
⑥バリアフリー改修
⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
⑧リフォーム瑕疵保険への加入

※①②③の内1つは必須です。④⑤⑥⑦⑧は任意です。
新築住宅の購入
対象期間
令和3年11月6日~令和4年10月31日までの期間内に売買契約を締結したもの
対象住宅
注文住宅・分譲住宅
補助額上限
・ZEH、NearlyZEH、ZEH ReadyまたはZEH Oriented:上限1,000,000円/戸
・高い省エネ性能などを有する住宅         :上限800,000円/戸
・一定の省エネ性能を有する住宅          :上限600,000円/戸

補助金の詳しい内容は下記URLからご覧ください。
https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/