補助金を利用して感染対策しませんか?

環境省から「令和3年度補正予算 大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業」の1次公募が行われています。
大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業とは
不特定多数の人が集まる飲食店の業務用施設に対して、高機能換気設備をはじめとする高効率機器などの導入支援をすることで新型コロナウイルスなどの感染症の拡大リスクを低減するとともに、業務用施設からのCO2排出量を削減する事業です。
公募期間
令和4年3月17日(木)~令和4年4月19日(火)まで
対象設備
全熱交換型の換気設備(必須)、高効率空調設備など
※照明設備は対象外です。ただし、CO2削減量の算定においてはLED照明に限り、削減効果の算入可。算入できるLED照明の削減量は、全CO2削減量の2分の1以下であること。
補助要件
高機能熱交換型換気設備を導入すること。
施設全体で設備導入前に比べてCO2削減ができること。
補助率
2/3(上限あり)
対象経費
設備費、工事費(撤去処分費などは除く)
対象施設
民間および地方公共団体の業務用施設などを対象とします。
新築建築物やスケルトン建築物などは対象外です。

※対象外の施設例
住宅や工場、畜舎、自動車車庫、自転車駐輪場、倉庫、運動場、卸売市場などの施設のほか高い開放性を有し換気の必要のない施設や室
高機能換気設備導入のメリット
確実な換気で密閉空間の改善ができます。また、省エネで光熱費がお得になります。

弊社は、補助金を利用しての高機能換気設備の導入を支援・設置工事をした実績があります。
話を聞いてみたい方や導入したい方はぜひお問い合わせください。 補助金の詳しい内容は下記URLからご覧ください。
http://www.siz-kankyou.jp/2021hoseico2_kanki.html