飛行機の換気システムはどうなっているのか

過去の記事で新幹線の換気システムはどうなっているかお話ししましたが、今回は飛行機の換気システムがどうなっているかご紹介いたします。
機内の空気循環
飛行機内の空気は、機外から新しい空気を取り込み機内で循環させています。2~3分で機内全ての空気が入れ替わる仕組みになっています。
換気の仕組みは以下の通りです。
1.機外の空気をエンジンで圧縮して機内に取り込む
2.エアコン装置で温度を調整して、天井から客室内に送風
3.客室内の空気は、機内外の気圧の差によって床下に流れ、胴体の下にある開閉弁を通って機外へ
4.床下に流れた空気の一部をHEPAフィルターで清浄して送風量を増加
※HEPAフィルターは、High Efficiency Particulate Air Filterが省略されたもので、JIS規格で「定格風量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率を有しており、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルター」と規定されています。

機内の空気循環のほかに夜間整備のさいに、テーブルやひじ掛け、座席テレビ画面、コントローラーなどの座席回り、トイレのドアノブ、蛇口ハンドルなど手が触れる部分にアルコールを用いた消毒を行っています。
参考サイト:JAPAN AIRLINES

飛行機も感染防止を考え色々な対策を行っています。コロナが終息したら飛行機に乗って旅行に行きたいですね。