業務用エアコンの水漏れの原因と対処方法は?

エアコンを付けたら水がポタポタと漏れてきたことありませんか。
水漏れはエアコンを良く使う夏に起こることが多いトラブルです。
なぜ水漏れが起こるの?
エアコンは熱交換器と呼ばれる部分で室内の温度調整をしています。
室内にある暖かい空気が冷やされるとき空気中にある湿気が結露となって、熱交換器に付着します。グラスに付く水滴や窓についた露と同じ原理がエアコンの内部で起こっています。
でも、この結露が水漏れの原因ではありません。
エアコンには内部で発生した水を排出する仕組みがあります。冷却時に使用した熱交換器の下にドレンパンと呼ばれる受け皿で受け止められドレンホースから外に排出されます。
家庭用のエアコンなら壁の穴から出たドレンホースから高低差を使用して外に排出していますが、業務用エアコンの場合天井はめ込み式が多いため高低差を利用して排出するのは難しいです。なので、ドレンポンプで溜まった水を吸い上げてドレンホースから排出しています。
水漏れの原因は内部の汚れ
水漏れが起こる一番の原因は、エアコン内部の汚れです。
長い間掃除を行っていないエアコンは、カビや埃がどんどんたまっていきます。そこに冷房時に発生した水が合わさりヘドロ状になり、ドレンホースが詰まります。ドレンホースが詰まると水が流れていかなくなるので、ドレンパンに水が溜まっていきます。ドレンパンの容量をオーバーした水がエアコンから漏れてくるのが、水漏れの原因です。
他にも、ドレンパンの亀裂やドレンポンプの故障など様々な原因があります。
業務用エアコンの水漏れ防止方法
水漏れの対策には、定期的なクリーニングが必要です。カビ対策をしたり、ホコリをためないようにフィルター掃除をこまめにしたり、自分でやる場合は無理のない範囲で行うことが一番大切です。
しかし、水漏れが発生してしまったらエアコン内部の清掃・点検を行うしかありません。エアコンを分解して行うため自分でやることは無理です。

なので、業務用エアコンのプロの私たちにお任せください。
複雑な構造をしている業務用エアコンを分解して、内部の隅々まで掃除をするので、カビや頑固なヘドロ状の汚れも全部きれいになります。
水漏れの原因は、汚れだけではないと説明したように、ドレンパンの亀裂やドレンポンプの故障など経年劣化や予期せぬ破損も定期的にクリーニングを行っていれば破損の確認や故障が起こりそうな場所を見つけて未然に防ぐこともできます。
弊社では、業務用エアコンの定期的なクリーニングをおすすめしています。エアコンの水漏れや一度も掃除をしていない方、この機会に業務用エアコンのクリーニングを行いませんか。
現在、エアコン洗浄キャンペーンを開催しています。内機熱交洗浄を1台30,000円から実施致します。さらに、菌・ウイルス専用「チタンアパタイトフィルター」をプレゼントいたします。ぜひ、一度お問い合わせください。

エアコン洗浄キャンペーン

菌・ウイルス専用「チタンアパタイトフィルター」プレゼント