室外機が転倒したらどうしたらいいの?

近年、大型の台風が日本を襲っています。
弊社がある愛知県名古屋市では大きな被害はありませんが、皆様の地域は大丈夫でしょうか。
台風の被害は、水害やがけ崩れ、暴風などいろいろありますが今回は、暴風で倒れてしまった室外機はどうすればいいかをご紹介します。
なぜ室外機が倒れるの?
室外機は、倒れないようにエアコン据え付け台に固定をしています。でも、据え付け台にきちんと固定していなかったり、風向きを考えずに室外機を設置していたりすると倒れる可能性があります。
しかし、近年の台風における暴風できちんと固定している室外機も倒れる可能性があります。
室外機が倒れた際はどうすればいいのでしょうか。
室外機が倒れたら自分で戻していいの?
自分で室外機を戻すのはとても危険な行為です。
室外機の転倒で室外機と室内機をつなぐ冷媒配管が破損してしまい亀裂や穴から冷媒が漏れる可能性があります。亀裂や穴から吹き出ている冷媒はマイナスの温度になっていることもあり、触ってしまうと負傷する恐れがあります。
見た目に問題がなくても目視で確認できない破損をしている可能性があります。さらに、室外機を動かすことによって配管や配線が外れてしまい、症状が悪化する恐れがあります。
なので、必ず専門業者にご相談をお願いいたします。
浸水してしまった場合
室外機が浸水をしてしまったら使用を中止してください。
電気系統部品が濡れてしまったら、一度乾いても漏電や発火をする恐れがあります。また、不純物等が入ってしまったらモーターの不具合の原因にあることもあるため、エアコンの電源プラグを抜くかエアコンのブレーカーを切って専門業者に連絡をしてください。
室外機の対策は何があるの?
風向きを考えた設置
室外機を設置する際に地域の風向きを考慮してエアコンを設置してください。室外機の正面や背面に風の影響がないように販売店や取付業者にご相談してください。
コンクリート製置台や防振パッドの採用
強風が吹く可能性がある場所では、コンクリート製の据え付け台を採用するなどしたほうがいいです。さらに、据え付け台の下にゴム製の防振パッドを敷くとより効果的です。
まとめ
いつ起こるかわからない自然災害ですが、転倒防止策をして安全に過ごせるようにしたいですね。
弊社は、業務用エアコンの修理・点検を行っています。急なお困りごとやご相談、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。