暖房を使用しているときの換気

冬は寒いので暖房を長時間使います。
皆さんは暖房を長時間使っているときに、換気をしていますか?
せっかく部屋が暖まったのに、わざわざ冷たい外の空気を入れるのは嫌な方も多いでしょう。
しかし、換気には大切な役割があります。
そこで、暖房を長時間使うときに換気が必要な理由と、効率の良い換気の方法をご紹介します。
暖房を使用しているときに換気が必要な理由は?
寒い冬に暖房を使うと、部屋を閉め切った状態が続きます。
閉め切った部屋の空気は、時間が経つにつれて汚れていきます。
換気をすることで部屋の中の汚れた空気と、外のきれいな空気を入れ替えることができます。
次に、空気が汚れる原因について解説していきます。
暖房器具から出る一酸化炭素に注意
ガスや灯油などを燃やして暖める暖房器具は、部屋の中に排気ガスを出しています。
閉め切った部屋で長時間使い続けることで、燃やすための酸素が足りなくなり不完全燃焼が起こります。
そのまま使い続けると、一酸化炭素中毒の危険性があります。
ちなみに、一酸化炭素は無色・無臭のため気付かないので注意しましょう。
排気ガスが出る暖房器具
・石油(ガス)ストーブ
・石油(ガス)ファンヒーター
排気ガスが出ない暖房器具
・エアコン
・電気ストーブ
・オイルヒーター
・電気こたつ
・ホットカーペット
ウイルスなどの感染症対策にもなる
コロナやインフルエンザなどのウイルスも空気中に漂っているため、換気をすることで外に追い出すことができます。
また、ハウスダストと呼ばれるホコリやカビなどの細菌も、一緒に部屋の外に出しましょう。
最近の住宅は気密性が高いため、換気をしないと空気が汚れたままになってしまいます。
効率の良い換気の方法は?
換気はできるだけ部屋の温度を下げずに、短い時間で終わらせたいですよね?
そこで、換気をするときのポイントを解説します。

・30分に1回、5分程度を目安に換気をする
・2方向の窓(ドア)を開けて、空気が流れるようにする
・部屋の中を暖めてから換気をすると、温度は下がりにくい
・場合によっては扇風機やサーキュレーターを使う

しかし、空気をきれいにするために寒い部屋で過ごすのは、体調を崩す原因になります。
寒い冬を乗り切るために、まずは暖房を使って部屋を暖かくしてください。
その上で、効率よく換気をしてきれいな空気を保ちましょう。

弊社では、業務用エアコンの修理・点検を行っています。急なお困りごとやご相談、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。