エアコンをつけると鼻水が止まらない!!

エアコンをつけると「鼻水が止まらない」「咳が止まらない」などお悩みではありませんか。私は、咳が出ますね。出ないときもありますが咳が止まらないときはつらいです。
なぜ、エアコンをつけると鼻水や咳が止まらないのでしょうか。今回は鼻水が出る原因を見ていきましょう。
なぜ鼻水が出るの?
エアコンで鼻水が出てしまう原因として3つあります。
1.エアコン本体のホコリとカビ
エアコンを長時間使用しているとエアコンの内部にホコリやカビが発生します。それを吸い込んでしまい鼻水が出てしまう場合が考えられます。
2.室内のホコリとカビ
上記の原因と同じですが、エアコンではなく室内のホコリとカビで鼻水が出るケースがあります。
エアコンは室内の空気を巡回させているので、床や家具など部屋のホコリやカビを舞い上げてしまい、それを吸い込み鼻水が出る場合もあります。
3.寒暖差アレルギー
寒暖差アレルギーを聞いたことはありますか。寒暖差アレルギーは急な温度差に身体が追いつけなくなり起こると言われている身体の不調のことです。
室温や気温に応じて血管が伸縮しますがあまりにも温度差が大きいと対応ができなくなり自律神経が乱れてしまいます。その結果、鼻水などの症状がでると考えられます。
解決方法はないの?
解決するにはどうすればいいか見ていきましょう。
ホコリとカビが原因の場合
掃除をしましょう。
エアコン本体のこまめな掃除をおすすめします。フィルターなどは自分で掃除をすることができますが、最深部などは業者に依頼をして下さい。
室内は、掃除するだけではなくこまめな換気も行いましょう。室内のホコリやカビを減らすことができます。
寒暖差アレルギーが原因の場合
寒暖差アレルギーの場合は明確な解決方法がありません。
いくつか対処法を試して自分に合っているものを探す必要があります。自律神経が乱れていることで起こると指摘されているので、自律神経を整えることで症状を緩和することができるかもしれません。
規則正しい生活やバランスのとれた食事、軽い運動をしてみるのはいかがでしょうか。あまりに症状がひどい場合は病院を受診することをおすすめします。
まとめ
鼻水が出る原因でホコリとカビは掃除すれば何とかなりますが寒暖差アレルギーは解決方法がないので大変ですね。自律神経を整えるために規則正しい生活をしてみようと思います。
次回は、咳が出る原因を見ていきましょう。
弊社では、業務用エアコンのフィルター清掃・分解洗浄を行っています。ご相談やご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。